キャッシング開始!

アメリカではクレジットカードの所有が身分証明書のような役割を果たしており、クレジットカードがなければビデオレンタル店のカードすら作れないような所も多いのです。そして、この20年~30年で日本人の生活にもクレジットカードが浸透してきました。大学生でさえクレジットカードの所有率は40%を超えてきているというデータもあります。クレジットカード払いで支払いをするサービスなども増えてきており、最近では公共料金などもカード払いにしている人も多いのではないでしょうか。学生であれば自分のカードに加えて家族カードも所有しているという人もいるため、個人用、家族用を合わせるとかなりの数の学生がカードを利用もしくは所持していることがわかります。

特に学生のうちだと海外旅行やネットサービスの支払い、ネットショッピングなどがクレジットカードの代表的な使い道だと思いますが、学生時代が終わるとキャッシングサービスも利用する人が増えるのではないでしょうか。社会人になると生活費としてどうしても費用が必要になったり、急な人付き合いや支払いで現金が必要になったりすることが多いので、通常のカード払いだけでなく、現金を手にできるキャッシングサービスが大変便利になります。今現在キャッシング枠が付いていない人もキャッシングを開始することや、キャッシングを利用したことがない人もいざという時に備えてキャッシングの利用法や限度額などを確認しておくとよいでしょう。